windows10「印刷できない」「印刷が遅い」が発生したら要注意!WSDを確認しよう!

WSDアイキャッチ

最近、windows10への切り替えが進むにつれ、パソコンからネットワークプリンターに印刷する時に「印刷できなくなったった」「印刷がすごく遅くなった」、という声を多く聞くようになりました。
こんな時は、Windows10による自動インストールされたプリンタードライバーのWSDポートによる影響で不具合が起きている可能性があります。一度確認してみることをお勧めします。

windows10「印刷できない」「印刷が遅い」場合はプリンタードライバーを確認しよう!

まずは、今回の記事のケースに当てはまる不具合かどうか、プリンタードライバーを確認してみましょう。(以下、画面や手順はwindows10homeの場合となります)

■「スタート」→「設定」→「プリンターとスキャナー」と進みます。

2つのプリンタードライバー

2つのプリンタードライバー

もし、同じような名前のプリンタードライバーが2つあったら、自動インストールされたプリンタードライバーのWSDポートによる影響で不具合が起きている可能性があります。この場合は、自動インストールされたプリンタードライバーを削除すれば一時的に解決できます。
それ以外の場合は、別の問題が発生している可能性があります。

この確認は同一ネットワークにつながっている、Windows10全てのパソコンを確認する必要があります。他のパソコンの自動インストールされたプリンタードライバーのWSDポートによる影響を受けている可能性もあるからです。

「どれが自動インストールされたドライバーなの?」「自動インストールを止める方法は?」を知りたい場合は、本記事を読み進めて下さい!

WSDとは?

WSDとは「WSD(Web Services on Devices)」の略です。WSD接続したプリンターのプリンタードライバーを自動インストールするとともに、印刷用ポートとしてWSDポートを作成してくれます。
■メリット
・同一ネットワーク接続されたネットワークプリンター(複合機を含む)も自動で認識して接続してくれる(Windows10の場合ドライバーも自動でインストールされる)。
■デメリット
・通常利用するプリンターが、もともと設定してあったプリンタードライバーから自動インストールされたドライバーに変わってしまう。
・印刷データを解析する処理が入るので印刷が遅くなってしまう。
プリンターや複合機を共有して使用している場合、WSDポートを利用して印刷している人がいると、他の人の印刷も遅くなったり、印刷できなくなってしまうことがある。

プリンタードライバーのポートを確認する方法

ネットワークプリンターのプリンタードライバー自動インストールは、パソコンをネットワークにつないだ時や「Windows Update」による更新がかかったタイミングでインストールされることが多いようです。
自動インストールされたプリンタードライバーのポートは「WSDポート」になります。また、プリンター名称は「~ WS」になる場合が多いようです。
ネットワークにつながれたプリンターの場合、「Standard TCP/IP ポート」やプリンターメーカーの独自ポートの使用が一般的です。

「プリンタードライバーのポート設定とは」
プリンターとプリンタードライバーが通信をするためのプロトコル(通信手順)の設定です。

ポート設定の確認方法

ポート設定の確認方法は、つぎの通りです。
同じような名称のプリンタードライバーのポート設定を確認します。

1.プリンタードライバーをクリックし、続けて「管理」をクリックします。

「管理」を選択

「管理」を選択

2.「プリンターのプロパティ」を選択します。

「プリンターのプロパティ」を選択

「プリンターのプロパティ」を選択

3.プロパティ画面が開いたら、「ポート」タブをクリックし、ポートにチェックが入っている場所を確認します。「WSDポート」となっていた場合は自動インストールされたドライバーの可能性が高いです。

WSDポート

WSDポート

もともとあったドライバーのポート設定は?

もともとあったドライバーは、次のようなポート設定になっていると思います。そうでない場合は、該当機種のプリンタードライバーを全て消し、再インストールするのがお勧めとなります。

■「Standard TCP/IP ポート」
プリンターや複合機との接続に使用される、もっとも標準的なポート設定です。プリンターに割り当てられたIPアドレスでポートが作成されます。

「Standard TCP /IP ポート」

「Standard TCP /IP ポート」

■プリンターメーカー独自のポート
プリンターや複合機などに付属の「プリンタードライバー・インストーラー」などを使用してインストールした場合に多いポート設定です。ポート設定を確認するとプリンターメーカーの独自ポート(アプリ)がインストールされ、ポート設定に適用されます。
※サンプル画面は、キヤノンのインクジェットプリンターMG3630の場合です。

メーカー独自ポート

メーカー独自ポート

プリンタードライバーの自動インストールを止める方法とは?!

自動インストールを止める方法として、windows10の設定を変更する方法かプリンター側のWSD機能をオフにする方法があります。

1.Windows10の設定を変更する方法

Windows10の設定を変更する方法は、デバイスの更新設定の変更やグループポリシー変更による自動更新のオフなどいろいろな方法があります。
今回は、比較的簡単な設定のご紹介です。

■「スタート」→「設定」→「ネットワークとインターネット」→「イーサーネット」→
「共有の詳細オプションを変更する」と進みます。
「ネットワークに接続されているデバイスの自動セットアップを有効にする」のチェックを外します。

自動セットアップのチェックを外す

自動セットアップのチェックを外す

※前述した通り、同一ネットワークにつながっている、Windows10全てを確認する必要があります(他のパソコンの自動インストールされたプリンタードライバーのWSDポートによる影響を受ける可能性がある為)。
※「WindowsUpdate」により、設定が戻ることがあるので、定期的にチェックが必要です。

2.プリンター側の設定を変更する方法

プリンター側のWSD機能をオフにすることにより、Windows10の自動インストールを防ぐことができます。この方法のメリットは、同一ネットワークにつながっている、Windows10全てを確認する必要もなく、「WindowsUpdate」による影響も受けません。
ただし、WSD機能をオンオフできるのは、複合機やビジネス用プリンター以上でないと設定できない場合が多いようです。
WSD機能の有効/無効については、各メーカーの機種ごとの取説を参照して下さい。
下記に設定方法の例(リンク)をのせておきます。

■WSD機能の有効/無効の設定方法の例

・キヤノン:インクジェットプリンター:TS6230

・キヤノン:複合機:imageRUNNNER ADVANCE C3530

最後に

Windows10の発売当初からプリンタードライバーが勝手にインストールされることによるトラブルは続いているようです。トラブルのもとになっているWSDの特性を知っていれば、トラブルシューティングの役に立つのではないでしょうか。
本記事が少しでもお役にたてれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする