マイクロソフト オフィス『Microsoft 365 Personal』!1ケ月間無料のお試し申し込みからインストールするまでの手順!

Microsoft365「1か月間無料で試す」「インストール手順」

Microsoft 365 Personal(旧称Office 365 Solo)は、サブスクリプション版のOfficeアプリ(Microsoft Office)です。

「Microsoft 365 Personal」は、年間契約か月間契約のどちらからか選択できますが、まずは1ケ月間無料で試すことができます!

今回の記事では、「Microsoft 365 Personal」についての基本的な部分と、1ケ月間無料のお試し申し込みからインストールするまでの手順についてまとめました!
※「Microsoft 365 Personal」の申し込みからインストールまでは、回線やサーバー状況にもよりますが、1時間程度かかります。

Microsoft 365 Personal(旧称Office 365 Solo)について

Microsoft 365 Personalは、以下のOfficeアプリが利用できます。

・Word
・Excel
・PowerPoint
・OneNote
・Outlook
・Access (Windows PC のみ)
・Publisher (Windows PC のみ)

Windows PC、Mac、タブレット、スマートフォン (Windows、iOS、Android) など、同一ユーザーが使用するすべてのデバイスに無制限でインストール可能です(同時に 5 台までサインイン可能)。

さらに、追加料金なしで以下のサービスが付いています!

・オンラインストレージ(OneDrive)1テラバイトが付いています。
・Skype で毎月60分間、携帯電話や固定電話との無料通話できます。
・テクニカル サポート(チャットや電話でのサポート)をいつでも利用可能です。

Microsoft 365 Personal(サブスクリプション版)とOffice Home & Business 2019(永続ライセンス版)の違い

Microsoft 365 Personal(サブスクリプション版)とOffice Home & Business 2019(永続ライセンス版)いわゆる買い切り版の違いを表にまとめてみました!

Microsoft 365 Personal OfficeHome&Business 2019
購入方法 月額または年契約
(サブスクリプション版)
永続ライセンス
(1 回限りの購入)
料金 ¥12,984/年 または
\1,284/月
¥38,284
Office ・Word
・Excel
・Outlook
・PowerPoint
OneNote
Access (Windows)
Publisher (Windows )
・Word
・Excel
・Outlook
・PowerPoint
インストール ・同一ユーザー無制限
(同時利用可能5台)
・Windows PC 、Mac
タブレット
スマートフォン
(iOS、Android)
・同一ユーザー2台まで
・Windows PC 、Mac
クラウドストレージ OneDrive 1TB OneDrive 無料5GB
Skype 毎月60分の無料通話
テクニカルサポート 利用可能
更新 常に最新バージョン 永続版 (2019 バージョン)
AI活用ツール Wordスマートアシスト
PowerPoinプレミアムテンプレート
Microsoftエディター

※2020年7月現在

1ケ月間無料のお試し申し込みからインストールするまでの手順!

1ケ月間無料のお試しの申し込みからインストールまでは、一連の流れとなって進んでいきます。Microsoftアカウントを持っていない場合は、事前に作成した方がスムーズに進めることができます。

→Microsoftアカウント公式

【1】Microsoft365ホームページを開きます。

→Microsoft365公式

【2】「プランと価格を見る」をクリックします。

Microsoft365ホーム

【3】「家庭向け」をクリックし、「Microsoft 365 Personal」プランの「1か月間無料で試す」をクリックします。

Microsoft365「1か月間無料で試す」

【4】サインイン画面でMicrosoftアカウントを入力します。
※Microsoftアカウントを事前準備していない場合は「作成」からつくります。

Microsoft365「サインイン」アカウント入力画面

【5】Microsoftアカウントのパスワードを入力します。※サインインしたままにするをチェックするとMicrosoftアカウントの入力回数を減らすことができます。

Microsoft365「サインイン」パスワード入力

【6】支払い方法の入力画面になるので「次へ」をクリックします。

Microsoft365「支払い方法」次へ

【7】支払い方法の選択画面で「クレジットカードまたはデビットカード」「PayPal」のどちらかを選択します。※以降、クレジットカードを選択した場合となります。

Microsoft365「支払い方法」クレジットカード選択

【8】クレジットカードの登録画面で必要事項を入力します。

・カード番号
・名義
・有効期限
・セキュリティコード
・郵便番号
・都道府県
・市区町村
・住所1

Microsoft365「クレジットカード」登録画面

【9】登録情報の入力が全て完了すると、画面下部の「保存」を選択できるようになるので、「保存」をクリックします。

Microsoft365「支払い方法」クレジットカード情報登録画面

【10】登録に間違いないことを確認し、「申し込む」をクリックします。

Microsoft365「申込」画面

【11】Microsoft365の管理画面が表示されます。「アプリをインストールする」をクリックします。

Microsoft365「アプリをインストールする」

【12】「インストール」タブをクリックします。

Microsoft365「インストールタブ」

【13】「Officeインストール」をクリックします。

Microsoft365「Officeインストール」

【14】画面下部にOfficeインストーラーがダウンロードされます。画面左下のダウンロードファイルからインストーラーを起動します。(Google Chromeの場合)

Microsoft365「インストーラーダウンロード」

【15】ユーザーアカウント制御画面で「はい」を選択します。

Microsoft365「Officeインストール」ユーザーアカウント制御

【16】Officeのインストールが始まり「準備しています」の画面になります。「Officeをダウンロードする間、オンラインのままお待ちください」画面に変わるのを待ちます。

Microsoft365「Officeインストール」準備画面

【17】インストール完了画面が表示されるまで待ちます。
※「すぐに完了します」となっていますが、今回は40分程度かかりました。
※バックグラウンドで動作するので、他の作業をすることは可能です。

Microsoft365「Officeインストール」画面

【18】「すべて完了です。Officeはインストールされました。」表示でインストール完了です。

Microsoft365「Officeインストール」完了

【19】アプリの一覧でエクセルやワード等がインストールされたことを確認します。

アプリ一覧でインストール確認

以上で、1ケ月間無料のお試しの申し込みからインストールまでの作業は完了です。

Microsoft 365 Personal(サブスクリプション版)における一考察

PCの寿命を5年と過程した場合、Officeの利用料金は、買い切り版が¥38,284、サブスクリプション版は¥12,984/年×5年で\64,920となります。その金額差は\26,636円となり、かなり大きな金額差となります。

しかし、Microsoft 365 Personal(サブスクリプション版)では、クラウドストレージであるOneDriveが1TB付いています。
他社のクラウドストレージが2TBで、年間12,000円前後であることを考えると、最新のOfficeの利用ができて1TBのクラウドストレージが使えるとなると、お得なような気もします。

買い切り版よりサブスクリプション版をおすすめできるのは、以下のような方となりそうです。

・大容量のクラウドストレージを利用したい。
・常に最新版のOfficeを利用する必要がある。
・PC3台以上で利用することがある。
・スマホやタブレットでもOfficeを利用したい。
・テクニカル サポート(チャットや電話でのサポート)を利用したい。
無料期間を利用してぜひ試してみて下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする