ドンキの「かかと交換」できるビジネスシューズ!実際に履いてみて分かったこととは?!

靴からヒールを外した写真2

ビジネスシューズの「かかと減る問題」を解決した、ドンキの靴「SSC」。2017年の発売以来、もっとも気になるビジネスシューズでした。しかし、料金が折り合わず購入を見送っていました。ひさしぶりにビジネスシューズ売場をチェックしたところ、安くなっていたので購入。実際に履いてみてわかった良いところと微妙なところをまとめてみました。

ドンキのビジネスシューズ「SSC」とは?

「SSC」は、スライドソールチェンジの略で、ビジネスシューズの「かかと減る問題」を解決した画期的な商品です。靴からヒールがはずれるようになっており、自分で工具無しのワンタッチ交換ができるようになっています!
「かかとが減ってもうだめかな?」という時に、ヒールをワンタッチ交換すれば、また靴を履き続けられるというなかなかの商品です。
(定価は5,900円ですが、今回は4,900円で購入することができました。)

靴からヒールを外した写真

靴からヒールを外した写真

ヒール交換は超かんたん!

ヒール交換を実際にやってみると、すごく簡単にできました!
ロック解除ボタンを押しこみながら、後ろ側にヒールをずらすだけです。
これならば、「工具いらずで10秒交換!」できます。

■ロック解除ボタンは、ヒールの内側にあるので目立ちません。

ロック解除ボタン

ロック解除ボタン

■ロック解除ボタンを押しながらヒールを後ろにずらせば、ヒールが外れます!

ヒールをずらしたところ

ヒールをずらしたところ

商品の詳細情報!

商品は、靴と交換用ヒールが1セット同梱されています。靴の種類は、「ヴァンプ」「ストレートチップ」「ストレートチップブラウン」「ソワールモカ」「ビット」「モンクストラップ」の6種類!(今回、私が購入したのが「ヴァンプ」になります)。

靴が入っている箱

靴が入っている箱

同梱のスペアヒール

同梱のスペアヒール

靴底

靴底

履いてみてわかった!良いところと微妙なところ!

実際に履いてみてわかったことをまとめてみました!

良いところ

履き心地はまずまず!
靴にとって一番大事な履き心地は、他の同価格帯の靴と比べると同等に感じました。ヒールの関係なのか若干前のめり感があるものの慣れれば問題ないレベルです。

ヒールと靴のつなぎ目は分からない!
いちばん心配していたのがヒールと靴本体とのつなぎ目です。実際は、近くでみてもまったくわかりません。

靴とヒールのつなぎ目

靴とヒールのつなぎ目

ヒールを左右ローテションすれば、さらに長持ちしそう!
ヒールは左右どちらでもはまります。定期的に左右でローテションすれば、均等に減ってさらに長持ちしそうな感じです。

左右でローテーションが可能!

左右でローテーションが可能!

微妙なところ

歩く時に「カツカツ音」がします。
ヒールの底はゴム素材のようなのですが、「カツカツ音」がすることが多いです。これは歩き方でも調整はできるのですが、急いでいるときは気になります。

ヒールのアップ写真

ヒールのアップ写真

ヒールが一度だけ外れた!
全速力で走っていた時に、何かが引っ掛かった感じもあったのですが、その時ヒールが外れました。分離したヒールを取りに行くのは意外と恥ずかしい気がしました。
外れたのはこの一度きりです。ビジネスシューズで全速力で走ることもあまりないと思いますのでそんなに心配することはないと思いますが。

スペアヒール単体での販売はしていないもよう。
店員さんに伺ったところ、スペアヒール単体の販売はしていないとのことでした。靴の他の部分も摩耗するので、ヒールだけ交換しても永久に使えるわけではないということでしょう。

まとめ

ドンキのビジネスシューズ「SSC」を実際に履いてみたら、同価格帯のビジネスシューズと比べても違和感はありませんでした。他の靴と比べると、ヒールローテーションとヒール交換で数倍長持ちしそうです。
ビジネスシューズの選択肢がまた一つ増えたようで嬉しいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする