あきらめるのはまだ早い!壊れたノートPCからデータを取り出す方法とは?!

アイキャッチ

愛用のノートPCの電源が突然入らなくなったら確実に焦ります!。パソコンの中に思い出の写真や大事なデータが入っていたら、なおさらです。
バックアップを取っておくべきだった。。。
後悔する前に最後のわるあがきをしてみようではありませんか!

壊れたノートPCからHDDを取り外し、変換ケーブルを使って他のPCにつないでデータを取り出す!

見出しの通りなのですが、今回の試みの流れは次のようになります。
1.壊れたノートPCからHDD(ハードディスク)を取り外します。
2.取り外したHDDにUSB変換ケーブルを接続して他のPCにつなぎます。
3.USB接続されたHDDの中身を確認して、必要なデータを取り出します。

1.ノートPCのHDDを取り外す!

ノートPCからHDDを取り外すことは、意外と簡単にできる場合が多いようです。
今回は富士通のノートパソコンですが、一例として下記に手順を記載します。

HDD取り外しの手順(PCによって違います!)

(1) 内蔵HDDの外カバーを固定しているネジ1つを外し、カバーを外します。

内蔵HDDの外カバーを外した写真

内蔵HDDの外カバーを外した写真

(2)ブラケットのネジ3つを外し、ブラケットごと下に引き抜きます。

ブラケット固定ネジの取り外し

ブラケット固定ネジの取り外し

(3)ブラケットを固定しているネジ4つを取り、ブラケットからHDDを取り外します。

HDDブラケットの取り外し

HDDブラケットの取り外し

(4)以上でHDDの取り外しは完了です。

ブラケットとHDD

ブラケットとHDD

HDD(ハードディスク)について(参考情報)

・内蔵用HDDの大きさは3.5インチと2.5インチがあります。ノートPCのHDDは2.5インチとなります。3.5インチは、ディスクトップPC用となります。
内蔵用HDDの接続方式は、「SATA」という規格で、現在主流の接続方式になります。以前は「IDE」という規格が主流でした(WindowsXPやVistaの頃)。
「SATA」と「IDE」では接続部分の形状がまったく違います!。

SATA

SATA

IDE

IDE

2.取り出したHDDにUSB変換ケーブルを接続する!

ノートPCの内蔵HDDをUSB変換するケーブルは、数千円で販売されています。2.5インチ、SATA接続用のUSB変換ケーブルを入手します。取り出したHDDが、IDEの場合はIDE接続用のUSB変換ケーブルが必要です(どちらの規格にも対応しているUSB変換ケーブルもあります)。
入手にあたっては、種類の多いネットショップが便利です。ヤマダなどの実店舗でも取り扱っていますが、種類や値段を選べない場合がほとんどです。

今回利用したHDD<->USB変換ケーブル

今回利用したHDD<->USB変換ケーブル

3.HDDを他のPCにUSB接続して、必要なデータを取り出す!

USB接続してHDDを認識したのならば、あとはフォルダーを探り、必要なデータを取り出すことができます。USB接続しても認識しない場合は、残念ながらHDDそのものが故障している可能性が高いです。

HDD<=>USB変換ケーブルの接続

・電源コードとUSB接続コードをつなぐだけです。詳しくは、変換ケーブル付属の説明書を確認してみて下さい。

変換ケーブル接続状態1

変換ケーブル接続状態1

変換ケーブル接続状態2

変換ケーブル接続状態2

HDDを認識したかどうかの確認

PCのエクスプローラーで、HDDを認識しているかどうか確認してみましょう!。
認識すれば、通常のようにフォルダーをクリックして、必要なファイルをコピーすることができます!。

HDDを認識した状態

HDDを認識した状態

つぎのような表示が出た場合は、「続行」をクリックすればOKです。

アクセス権の確認画面

アクセス権の確認画面

ユーザデータはどこにある?
通常は「ユーザ」フォルダーの中にデスクトップやMyドキュメントなどのファイルが保存されています!

最後に

バックアップを取る重要性は分かっていても、面倒になり、そのままになってしまっている場合も多いのではないでしょうか。実際に私もPCの電源が入らなくなり、かなり焦りました。しかし、今回の方法でデータを取り出すことができ、ホッとしています。同様の事態が起きた場合に、今回の記事が少しでもお役にたてれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする