Windows10標準搭載の『OneDrive』! 大切なデータを自動バックアップで煩わしさから解放!

onedrive

PCに保存される大切なデータ。「万一に備えて定期的にバックアップをとりましょう!」と分かってはいるのに、なかなかできていないのが現状ではないでしょうか?

理由としては・・・
■どんな方法でバックアップしたらいいのか分からない。
■USBなどに毎回コピーするのが面倒。
■バックアップ用に外付けHDDを購入したもののユーティリティーのセットアップが難しくて運用できていない。

など、理由をあげればきりがないと思いますが、一言でいうと「バックアップが大切なことは分かっているけど煩わしい!」というところではないでしょうか?

今回の記事では、Windows10に標準搭載の「OneDrive 」で大切なデータを自動バックアップする方法を解説しています。これでバックアップの煩わしさから解放されます!

OneDrive (ワンドライブ)ってなに?

まずは、OneDrive(ワンドライブ)についての説明です。

OneDrive(ワンドライブ)

OneDrive(ワンドライブ)は、マイクロソフトのクラウドストレージ(オンラインストレージ)サービスです。

【クラウドストレージ】
データ(ファイルやフォルダー)をインターネット上の記憶装置に保存することができる仕組みです。保存したデータは、パソコンとの同期や共有利用ができます。

Windows10には、OneDriveが標準搭載されており、無料で5ギガの容量が利用できます。OneDriveは、Microsoftアカウントでサインインするだけで、すぐに利用できます。

※Microsoftアカウントを作成していない場合は、事前にMicrosoftアカウントを作成することをお勧めします。(無料)

Microsoft公式===>今すぐアカウントを作成

OneDrive(ワンドライブ)の利用開始方法!(サインイン)

【1】「スタート」→「OneDrive」をクリックします。

OneDrive起動

【2】Microsoftアカウントのメールアドレスを入力し「サインイン」をクリックします。

OneDriveサインイン

【3】続けて「パスワード」などを聞かれてくるので、順次入力してサインイン完了です。

【簡単・無料】大切なデータを自動バックアップする設定!

OneDriveにサインインできたら、大切なデータを自動でバックアップする設定をしてみましょう!

設定といっても、バックアップしたい「ファイル」または「フォルダー」を「OneDriveフォルダー」にドラック・アンド・ドロップするだけです!

【1】エクスプローラーを起動する。

エクスプローラーを起動

【2】バックアップしたい「ファイル」または「フォルダー」を「OneDriveフォルダー」にドラック・アンド・ドロップし、ファイルやフォルダーが移動したら完了です。

ドラックアンドドロップ

※1 「OneDriveフォルダー」に移動したデータは、クラウド上の「OneDrive」と同期します。PC上の「OneDriveフォルダー」のファイルやフォルイダーを更新すると、クラウド上の「OneDrive」も更新されます。
※2 無料版のOneDriveは5ギガまでです。5ギガを超える場合は、同期エラーとなり、「OneDriveフォルダー」に移動しても、クラウド上の「OneDrive」には同期されません。(バックアップされません)
※3 バックアップする為に「OneDriveフォルダー」に移動したoffice系アプリケーション(エクセルやワード)データの参照先や保存先は、「OneDriveフォルダー」に変更となります。

【おすすめ・有料】大切なデータをまるごと自動バックアップする設定!

無料のOneDriveは5ギガまでなので、最も大切なデータに絞る必要があります。しかし、有料プランに切り替えると容量は100ギガまたは、1テラ(1,000ギガ)にいっきに増えます。

これにより、ディスクトップ画面にあるフォルダーやファイル、ドキュメントフォルダー、ピクチャフォルダーをまるごと自動でバックアップすることができます。

Microsoft公式===>OneDrove有料プラン

設定は以下の通りです。

【1】画面の右下にある「OneDriveアイコン」→「ヘルプと設定」→「設定」と順にクリックします。

OneDrive設定メニュー

【2】続けて「バックアップ」→「バックアップ管理」とクリックします。

バックアップ管理

【3】「バックアップを開始する」をクリックすると初回バックアップが始まります。
※容量により、同期完了するまでには数時間かかることがあります。同期中も操作することは可能です。

バックアップ開始

【4】バックアップが完了するとディスクトップ画面・ドキュメントフォルダー・ピクチャフォルダーにあるフォルダーやファイルにはチェックマークが入り、同期されたことが分かります。

■ディスクトップ
同期完了

■ピクチャフォルダー

ピクチャーフォルダー

※チェックマークの入ったフォルダーやファイルを更新すると、クラウド上の同期されたフォルダーやファイルも更新されます。

参考情報

OneDriveの有料の1TBプランは、Microsoft365 Personal(サブスクリプション版)に付属しています。Microsoft365 Personal(サブスクリプション版)は、別記事にて解説していますので、参考までにそちらの記事もご覧下さい。

==>マイクロソフト オフィス『Microsoft 365 Personal』!1ケ月間無料のお試し申し込みからインストールするまでの手順!

OneDriveにバックアップしておけば、万が一のトラブルの場合もクラウド上に大切なデータが残っているので安心です。万が一に備えてバックアップをぜひ実践しておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする