Yupiteru(ユピテル)のドライブレコーダー(主に法人向けモデル)!Windowsでフォーマットすると「有効なSDカードではありません」表示になってしまう?!対処方法について解説します!

「ユピテル」ドライブレコーダー

Yupiteru(ユピテル)のドライブレコーダー「BUシリーズ」(主に法人向け)のSDカードは専用フォーマットのSDカードになります。

ユピテル「SDカード」

ユピテル「SDカード」

この専用SDカードをWindowsでフォーマットすると使えなくなってしまいます!フォーマットしてしまった場合、つぎのような現象になります。

・ドライブレコーダにSDカードをセットしてもエラー音がなり、録画がスタートしない。
・パソコンの専用ビューアソフトで読み込めず、「有効なSDカードではありません」などの表示がでる。
「PC Browser」有効なSDカードではありません表示

「PC Browser」有効なSDカードではありません表示

このようになってしまったら、どうしたらよいのでしょうか?

今回の記事は、Yupiteru(ユピテル)のドライブレコーダー(主に法人向けモデル)をご利用中で専用SDカードをWindowsでフォーマットしてしまい「有効なSDカードではありません」になってしまった場合の対処方法を解説した記事となります!

Yupiteru(ユピテル)の『ドライブレコーダー用SDカードに関する取扱いの注意』とは?

ユピテルのドライブレコーダー(主に法人向けモデル)の利用者が知っておくべき重要事項があります。冒頭で述べたように、ドライブレコーダーのSDカードをWindowsでフォーマットすると使えなくなってしまいます。

パソコンの専用ビューアーで記録状況を確認する必要のある管理者は特に注意が必要です。

~ユピテル公式【アップデートしたWindowsにおけるドライブレコーダー用SDカードの取扱いに関するご注意】より引用~
平素はユピテル製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
ドライブレコーダーで使用しているSDカードをWindows10搭載のパソコンに接続して読み込もうとした際、下記のようなWindowsのフォーマットを促すメッセージが表示されることがございます。

[ディスクのフォーマット]をクリックしますと、SDカードがフォーマットされ、ドライブレコーダーで使用ができなくなります。
フォーマットを促すメッセージが表示されましたら、必ず[キャンセル]を選択してくださいますようお願い申し上げます。

【対象モデル】
対象となるモデルを一覧にまとめてみました。
■Q-01
■BU-DRHD635T
■BU-DRHD330
■BU-DRHD431
■BU-DRHD630T
■BU-DRR615T
■BU-DRR605T
■BU-DRB305
■BU-DRR405
■BU-DRHD421
■BU-DRHD320
■BU-DRHD620T
■BU-DRR403
■BU-DRR603T
■BDR-1
■BDR-S1
■FA1001
■FA1002
■FA2001
■FDR-800
■FDR-810

Windowsでフォーマットしてしまった場合の対処方法!

万一、フォーマットしてしまい、冒頭の「有効なSDカードではありません」表示となってしまった場合はどうすればよいのでしょうか?!

公式ページのFAQを深掘りして読み込んでいくと、復旧(再フォーマット)方法があることが分かってくるのですが、手順なども含めて分かりにくいので下記にまとめました!

ユピテルホームページの重要なお知らせでは、フォーマットしてしまった場合は「営業担当にお問い合わせください」という文面もありますので、本記事におけるSDカードの復旧(再フォーマット)手順においては、自己責任で実施するようお願いします。

ユピテル公式~フォーマットしてしまった場合~
SDカードをフォーマットしてドライブレコーダーで使用ができなくなった場合は、営業担当にお問い合わせください。

SDカードを復旧(再フォーマット)する手順の流れ

手順は大きく分けて、以下の4つです!

1.「SDアソシエーション」ホームページから『SDメモリカードフォーマッター』をダウンロードしてインストールします。

SDアソシエーションとは?
~SDアソシエーション公式ページより引用~

■SDアソシエーションは、業界指針となるメモリカード規格を策定する規格団体です。
■SDアソシエーションは、メモリカードのストレージに関する規格の策定と普及のための業界団体として、パナソニック、サンディスクおよび東芝の3社により2000年1月に設立されました。現在、SDアソシエーションでは、約900社の会員企業がSD規格の設計と開発にあたっています。

2.『SDメモリカードフォーマッター』でフォーマットします。

3.「ユピテル」ホームページから、専用ビューアソフト『PC Browser』をダウンロードしてインストールします。

4.『PC Browser』で機種名を選択し、完全フォーマットします。

それでは、順番にみていきましょう!

1.『SDメモリカードフォーマッター』のダウンロードとインストール

【1】『SDメモリカードフォーマッター』のダウンロードページを開きます。

=>『SDメモリカードフォーマッター』ダウンロードページ

【2】『SDメモリカードフォーマッター』をダウンロードボタンをクリックします。

SDメモリカードフォーマッターダウンロード

【3】『同意』を求める画面で『同意』をクリックします。

SDメモリカードフォーマッター『同意します』

【4】ダウンロードされたzipファイルを展開します。

SDメモリカードフォーマッターZIPファイル

【5】展開したインストルーファイルを右クリックし「管理者として実行」でインストールします。

SDメモリカードフォーマッターインストール「管理者として実行」

【6】ディスクトップに『SDメモリカードフォーマッター』のショートカットができれば、インストール完了です。

SDメモリカードフォーマッターアイコン

2.『SDメモリカードフォーマッター』でSDカードをフォーマットを実行!

【1】SDカードをセットし、『SDメモリカードフォーマッター』を起動します。

SDメモリカードフォーマッターアイコン

【2】ドライブの選択、クイックフォーマットのチェック、ボリュームラベルに「DRIVEREC1」を入力し、フォーマットを実行します。

SDメモリカードフォーマッター『フォーマット』実行する

【3】「フォーマットが正常に終了しました。」の画面がでるとフォーマットの完了です。

SDメモリカードフォーマッター『フォーマット』正常終了

3.ユピテル専用ビューアソフト『PCBrowser』をダウンロードしてインストール!

【1】専用ビューアソフトのダウンロードページを開きます。

=>ユピテル専用ビューアダウンロードページ

【2】利用中の製品を選択し、インストールファイルをダウンロードします。

PCBrowserダウンロード

【3】ダウンロードされたzipファイルを展開します。

PCBrowser「ZIP」ファイル

【4】展開された「SETUP」ファイルを実行します。

PCBrowser「SETUP」ファイル

※下記、「WindowsによってPCが保護されました」と表示された場合は、「詳細情報」をクリックし、「実行」をクリックしてください。

PCBrowser「インストール」PC保護画面

※「PC Browser」インストールが完了すると、「DirectXランタイム」のインストール確認ダイアログが表示されますので、『OK』をクリックして、続けてインストールして下さい。

【5】ディスクトップに『PC Browser』のショートカットができれば、インストール完了です。

PCBrowserのショートカット

4.『PC Browser』で機種名を選択し、完全フォーマットを実行!

【1】SDカードをセットし、『PC Browser』を起動します。

PCBrowserのショートカット

【2】「ツール」→「機種選択」と進み、利用中の機種を選択します。

「PC Browser」機種選択

【3】「ツール」→「SDカードフォーマット」と進み、SDカードのドライブを選択します。

「PC Browser」SDカードフォ-マット

【4】ドライブを認識するとフォーマットオプション画面になります。設定した機種名を確認し、「完全フォーマット」を選択します。続けて、「スタート」ボタンをクリックします。

「PC Browser」SDカード完全フォ-マット

【5】画面の指示に従い進めると「SDカードを一旦抜き、再度挿入してください。」の表示になるので、SDカードを一度抜いて再セットします。

「PC Browser」SDカードを一旦抜き再度挿入画面

【6】SDカードの再セットを認識すると完全フォーマットの「ステップ2」が実行されます。その後「SDカードのフォ-マットが完了しました。」表示でフォーマット完了です。

「PC Browser」SDカード完全フォーマットのステップ2

【7】「OK」をクリックし、SDカードを取り出します。

以上で、SDカードの復旧(再フォーマット)は完了です。
ドライブレコーダにセットしてもエラー音がしないこと、『PC Browser』で記録を確認できることを確認して下さい。

補足

SDカードのフォーマットをおこなったにも関わらずエラーが発生する場合や、フォーマット後のエラーが頻発する場合は、専用SDカードの交換が必要になります。

■SDHCカード OP-SD08   3,300円(税込)
■SDHCカード OP-SD16   5,500円(税込)
■SDHCカード OP-SD32 11,000円(税込)

※Yupiteruダイレクト(2020年6月現在)での専用SDカードの取扱い状況です。最新情報は、ユピテルホームページにてご確認下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする