NHKオンデマンドの過去の大河ドラマをTVで見たい!「U-NEXT」と「Amazonプライムビデオ」どっちがお勧め?

大河ドラマを「U-NEXT」で見る

「過去の大河ドラマを動画配信サービスで見れたらいいな~」と思ったりしたことは、ありませんか?

過去の大河ドラマを動画配信で見るためのサービスとして「NHKオンデマンド」があります。そして、NHKオンデマンドをTVの大画面で楽しむために動画配信サービス(VOD)に加入する必要がでてきます。

ここで、どの動画配信サービスを利用するのかすごく迷ってしまいますが、NHKオンデマンドをTVの大画面で楽しむためには、「U-NEXT」か「Amazonプライムビデオ」の2択になってくることがほとんどだと思います。

今回の記事では、つぎのことについてまとめてみました。

■過去の大河ドラマを楽しめる「NHKオンデマンド」
■大河ドラマをTVで楽しむための、動画配信サービスは「U-NEXT」か「Amazonプライムビデオ」どっちがおすすめか?

サラっとおさらい!「NHKオンデマンド」

過去の大河ドラマを動画配信で見るなら「NHKオンデマンド」!

過去の大河ドラマを動画配信サービスで見るためには、NHKオンデマンドの「特選見放題パック」(月額税込990円)を利用することで視聴できるようになります。
ただし、過去の大河ドラマをすべて視聴できるわけではありません。

【NHKオンデマンドより引用】
過去に放送され保存されているNHKアーカイブスから厳選した名作ドラマや「NHKスペシャル」の「新・映像の世紀」や「地球大進化」、「NHK特集」といったドキュメンタリー番組など、NHKの豊富な映像資産から約7000本の番組を配信するサービスです。権利許諾期間に応じて単品または「特選見放題パック」でご覧いただけます。

NHKオンデマンドの大河ドラマの「特選見放題パック」の対応状況

NHKオンデマンドの「特選見放題パック」では、前述した通り過去の大河ドラマをすべて視聴できるわけではありません。
どの大河ドラマが視聴できるのでしょうか?。ここ20年間(2000年~2019年)に放送された大河ドラマにどれだけ対応しているのかまとめてみました。
※2020年2月時点
赤字がNHKオンデマンドで視聴できる番組です。

■2019年:「いだてん」
■2018年:「西郷どん」
■2017年:「おんな城主 直虎」
■2016年:「真田丸」
■2015年:「花燃ゆ」
■2014年:「軍師官兵衛」
■2013年:「八重の桜」
■2012年:「平清盛」
■2011年:「江~姫たちの戦国~」
■2010年:「龍馬伝」
■2009年:「天地人」
■2008年:「篤姫」
■2007年:「風林火山」
■2006年:「功名が辻」
■2005年:「義経」
■2004年:「新選組!」
■2003年:「武蔵」
■2002年:「利家とまつ~加賀百万石物語~」
■2001年:「北条時宗」※総集編のみ
■2000年:「葵 徳川三代」

こうしてまとめてみると、比較的親しみやすい2001年以降の19本の大河ドラマの内、ライブラリーは13本と、意外と少ないことが分かります。このあたりは、今後充実してくれることを期待したいと思います。

※なお、2020年3月1日より、「特選見放題パック」と「見逃し見放題パック」が1つに統合され「まるごと見放題パック」となるそうです。料金は990円のままで、視聴できるNHKオンデマンドの作品数が増えるようです。

NHKオンデマンドをTVで見るには、他の動画配信サービスに入る必要がある!

NHKのサイトでNHKオンデマンドに入会すれば、月額990円(税込)で過去の大河ドラマをPC・スマホ・タブレットで視聴することができます!しかし、TVの大画面で視聴する為には、まずは他の動画配信サービスに加入する必要があります。

→NHKオンデマンド「TVなどでの利用方法」

ここで悩むのが「動画配信サービスをどれにしたらいいのか?」というところです。今までは「U-NEXT」の一択だったのですが、最近「Amazonプライムビデオ」でもNHKオンデマンドに申し込むことができるようになりました。その結果、「U-NEXT」か「Amazonプライムビデオ」の2択となってきました。

※TVで視聴する為には、動画配信サービスの加入とTVに接続してアプリを起動する機器が必要になります。(PS4やFireTVStickなど)

大河ドラマを見るならば「U-NEXT」と「Amazonプライムビデオ」どっちがおすすめ?

大河ドラマを見るならば、「U-NEXT」と「Amazonプライムビデオ」どちらがおすすめなのでしょうか?

次の3点の比較からしてみます。

■月額料金(NHKオンデマンド利用時)
■動画配信数(見放題分)
■会員特典の違い

本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況や月額料金はU-NEXTサイトおよびAmazonサイトにてご確認下さい。

「U-NEXT」と「Amazonプライムビデオ」でNHKオンデマンドを利用した場合の月額料金比較

「U-NEXT」か「Amazonプライムビデオ」の月額料金に、NHKオンデマンドの利用料金を加えた月額料金(税込)を比較してみます。

U-NEXT
U-NEXT月額料金は、2,189円です。これに、NHKオンデマンドの990円を加えると合計は、
3,179円となります。
しかし、U-NEXTでは毎月1日にU-NEXTポイントが1200ポイント付与されます。このポイントは1ポイント=1円で使用でき、特選見放題パックの購入にあてることができます。その為、U-NEXT月額料金の2,189円でNHKオンデマンドを視聴できることになります。

Amazonプライムビデオ
Amazonプライム・ビデオの月額料金は500円です。これに、NHKオンデマンドの990円を加えると合計は、1,490円となります。年間プランにすれば、月額料金をさらに抑えることも可能です。

【料金比較のまとめ(NHKオンデマンド利用の場合)】
■U-NEXT:2,189円(税込)
■Amazonプライムビデオ:1,490円(税込)※月額プランの場合
※その差は、699円!月額はAmazonプライムビデオの方が安いです。

「U-NEXT」と「Amazonプライムビデオ」の配信数は?

NHKオンデマンドをみるだけならば、どちらを利用しても同じです。しかし、どうせVODサービスに加入するならば、他の動画も見たい!
ということで、動画配信数(見放題)を比較してみましょう。

【動画配信数(見放題)の比較】
■U-NEXT:140,000本以上が見放題(2020年1月時点)
■Amazonプライムビデオ:8,000タイトル以上が見放題(2019年6月時点)
※「Amazonプライム・ビデオ」は、タイトル数なので本数は分かりませんが、U-NEXTが圧倒していると言えそうです。

「U-NEXT」と「Amazonプライムビデオ」の会員特典の違いは?

会員特典の内容については、それぞれ大きく違います!

【会員特典の比較】
■U-NEXT
1つの契約で、ファミリーアカウントを無料で3つまで追加できる!家族で最大4アカウントを利用できるので、1人あたり実質約500円で利用可能。
毎月もらえる1,200円分のポイントで、最新作の視聴や書籍の購入に利用可能。
など
Amazonプライムビデオ
・買い物の当日お急ぎ便などの配送オプションが利用可能。
・会員限定先行タイムセールに参加可能。
・Prime Music200万曲が聞き放題。
など

結局、大河ドラマを視聴するのにおすすめはどっち?

■家族みんなで楽しむならU-NEXT
U-NEXTのファミリーアカウントは、こども向けに制限をかけたアカウントを作れることが特徴!また、同時に4アカウントで視聴できるのも強みです。
子供たちが子供部屋でU-NEXTのアニメやキッズ動画をみている間に、親はリビングで大河ドラマをゆっくり視聴するといったことが可能になります。

■月額料金重視ならAmazonプライムビデオ
普段からAmazonの利用が多いなら、すでにプライム会員になっている方も多いのでは?その場合は、プラス990円で大河ドラマを視聴することが可能になります。

ー「Amazonプライム・ビデオ」リンク ー

「U-NEXT」と「Amazonプライムビデオ」!それぞれ無料トライアルあり!

U-NEXTは「31日間」、Amazonプライムビデオは最初の「30日間」を無料で体験することができます。
■Amazonのアカウントを持っているかたも多いと思います。その場合は「30日間」の無料体験を試すボタンから数クリックで登録完了です。
■U-NEXTの利用は初めてだったのですが、登録はとても簡単でした。私がU-NEXTの無料トライアルに登録した時のことですが、10分後には「利家とまつ」を視聴できました!
※NHKオンデマンドを楽しむためには、別途990円必要となりますが、無料トライアルの特典600ポイント利用により390円で楽しめます。

ー広告ー


まとめ

家族みんなで映画を見たり、それぞれ好きな番組をみたりと、すっかり動画配信サービスにハマってしまいました。大河ドラマを見始めると次の回もみたくなってしまい、時間がいくらあってもたりません(笑)!。

■過去の大河ドラマ(NHKオンデマンド)を楽しむなら、「U-NEXT」か「Amazonプライムビデオ」の2択!
■家族みんなで楽しむならU-NEXT
■月額料金重視ならAmazonプライムビデオ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする